昨季、リーグ戦でプロ初ゴールを決め、飛躍が期待される20歳の西村は、ここまで満足いく結果を残せていない。リーグ戦の主力に割り込めず、カップ戦も3試合無得点。「チームを引っ張るぐらいの気持ちを見せる。結果にこだわる」と強い渇望感を漂わせる。

 気合が入り過ぎたのか、1日の居残り練習で「事件」は起きた。全力で放ったシュートが約10メートルの網を飛び越えて車を直撃し、小さな傷をつくった。

 被害者の石野GKコーチは「勝利のゴールを決めたら許す」。この言葉に、意気消沈気味だった西村は「決めます」と気合を入れ直し、災いを飛躍に転じさせることを誓った。

 4月26日の前節清水戦では、ゴール前のワンツーで...    
<記事全文を読む>