開幕から2カ月が過ぎたというのに、戦力ふぞろい状態を強いられ続けています。ベストメンバーは一度も組めないまま。「フロンターレの本当の開幕はいつ?」とサポーターの嘆きが聞こえてきます。

 果敢な守備を誇るCBエドゥアルド(24)、右サイドを縦横無尽に駆けるDFエウシーニョ(27)が開幕時から欠け、大久保嘉人の後釜に期待されたMF家長昭博(30)は初戦で足指を骨折し、リオデジャネイロ五輪の主力だったMF大島僚太(24)が4月1日の仙台戦で右足に肉離れを起こして戦線離脱しています。

 いったい何人が…。数えたくなくてもつい指を折ってしまいます。本来はレギュラーであろう選手の不在が戦い方に明らかに...    
<記事全文を読む>