クラブ創設25周年記念試合と銘打ったJリーグ、第6節の磐田戦。通算13シーズンをマリノスで過ごした中村俊輔(38)が移籍した磐田との一戦には今季2番目の観客3万8803人が詰め掛けた。サポーターは温かい拍手とブーイングを交えた複雑な反応で迎えていたが…。

 「絶対に負けられない」激しい闘志のぶつかり合いを2-1で制した。立役者は、中村の「10」番を受け継いだMF斎藤学(27)。多くのものを教わった敬愛する大先輩に勝って、素直に「マリノスは若いチームなので勝つことが自信になる。もっといいチームにできるし、もっと強くなる」と喜びを表した。

 続く広島戦は耐えて忍んで1-0。DF中沢佑二(39)...    
<記事全文を読む>