昨季王者・鹿島との一戦。ただ、相手は韓国に遠征したアジア・チャンピオンズリーグから中3日で、後方でつなぎ、体力の消耗を避けながら要所で攻めてきた。「鹿島のテンポに付き合ってしまった。もっとアグレッシブにいくべきだった」。主将のFW豊田は、逆転負けの結果に悔しさをにじませた。

 今季加入のレオシルバら中盤に攻撃の起点となる選手が複数いる鹿島に対し、鳥栖は小野をFWで初起用。豊田らとともに前線から圧力をかけ続け、フィッカデンティ監督は「守備面の貢献は大きかった」と認める。

 豊田のPKで先制し、流れをつかんだかに見えたが、直後にサイドからの攻めに対応が遅れてPKを献上。鹿島FW金崎に右隅を打ち...    
<記事全文を読む>