後半29分、菅井が勝負を決定付ける3点目を決めた。2014年11月29日の徳島戦以来、3季ぶりのゴールに「久しぶりに取れたのは次につながる」と淡々と振り返った。

 奥埜の左クロスを石原がつなぎ、右サイドから詰めていた菅井がたたき込んだ。相手の隙を突く得意の形で決め「あまり覚えていないが、ボールが来ることを信じてプレーした結果」と語る。

 今季から3-4-3の布陣の中盤を務めることになり「ゴール前に絡める回数が増えた」と実感する。自身の最多得点は11年の7。「得点は、取りたいと思った時に限って取れないが、それぐらいは目指したい」と意欲的だった。

...    
<記事全文を読む>