サッカーJ1ジュビロ磐田が、本拠地ヤマハスタジアムの見学ツアーに、眼鏡のように装着して映像を視聴できる「スマートグラス」を取り入れた。ジュビロによると、スポーツ施設での導入は国内初。参加者に臨場感のある映像や音声でチームを身近に感じてもらうのが狙いだ。

 AR(拡張現実)技術を用い、見学場所に合わせた体験ができる仕組み。案内人が流した動画が、スマートグラスを通して参加者の目の前に映し出される。内容は普段は入れない場所から見た試合や選手取材エリアの様子など。グラウンドの脇では選手とハイタッチする疑似体験もできる。商品プロデュースの企画などを手掛ける「クレステック」(浜松市)が開発したサービ...    
<記事全文を読む>