途中出場したU―20(20歳以下)日本代表の小川航が、勝ち越しゴールを逃した。

 同点の後半39分。川又のスルーパスに反応し右足を振り抜いた。しかし、シュートはバーにはね返され、「冷静に流し込むべきだった」と肩を落とした。

 2点を追う前半39分に「前線に深みと流動性を持たせたい」と名波監督に送り出された。「流れを変えようと、強い気持ちだった」と小川航。2トップを組んだ川又と連動して相手の背後を突く動きやポストプレーで存在感を発揮した。チーム最多のシュート3本を放ち攻撃を活性化させたが、「まだまだ」と満足しなかった。

...    
<記事全文を読む>