サッカーのJ1第9節は30日、NACK5スタジアム大宮で、大宮アルディージャと浦和レッズのさいたまダービーが行われ、ホームの大宮が1―0で勝ち、今季初勝利を挙げた。

 J1でのダービーは23度目で初めて首位と最下位の対決になったが、最下位大宮が首位浦和を破る金星。下克上を果たした大宮サポーターは「ダービーは勝つと思っていた」「やっといい週末を迎えられる」と歓喜の表情。浦和サポーターは「借りは返す」と悔しさをのみ込んだ。

 スタジアムは両チームのファン1万2401人で埋め尽くされ、熱気に包まれた。アウェーの浦和は今季6勝1分け1敗と好調。川口市の会社員平野健司さん(55)は「普通にやれば今の...    
<記事全文を読む>