仙台六大学野球最終節第3日の30日、仙台市の東北福祉大球場で仙台大-福祉大の3回戦があり、福祉大が仙台大に連勝して2勝1敗で勝ち点を5に伸ばし、2季ぶり68度目の優勝を飾った。

 福祉大は同点の九回、1死二塁から代打古川が右前適時打を放ち、仙台大に3-2でサヨナラ勝ちした。仙台大は2連覇を逃した。

 試合終了後、同球場で閉会式が行われ、福祉大に優勝旗と河北杯が贈られた。

 最優秀選手は打率トップの4割1分5厘をマークした福祉大の楠本が3季ぶり2度目の受賞。ベストナインは工大の佐藤黎ら4人が初選出され、福祉大と仙台大から4人ずつ選ばれた。

 福祉大は6月5~11日に行われる全日本大学選手権(東京...    
<記事全文を読む>