四国アイランドリーグplusは28日、前期の全日程が終了した。前期優勝を決めている徳島インディゴソックスは高知球場で高知に5―10で逆転負けし、最終戦を飾れなかった。徳島の最終成績は21勝9敗4分け。後期は7月29日に開幕する。

 徳島は先発松本が5回5失点で降板し、救援陣も八回に4点を奪われるなど、計15安打10失点。打線は二塁打6本を含む12安打を放ったが、5点止まりだった。

 元米大リーガーで高知のマニー・ラミレス(登録名マニー)は五回、左中間へ3号の逆転2点本塁打を放つなど、5打数3安打3打点。前期は18試合に出場し、63打数29安打で打率4割6分、20打点を挙げた。球団との契約は...    
<記事全文を読む>