軟式野球のJAバンク杯第9回福井県中学校選手権大会最終日は27日、同県越前市の丹南総合公園野球場で決勝、準決勝を行った。丹南勢対決となった決勝は、今庄(南越前町)が投手戦を制して南越(越前市)を2―0で下し、初優勝した。今庄は7月1、2日に石川県で開かれる全日本少年北信越大会に出場する。

 決勝で今庄は初回、1死から石川翔梧が死球で出塁。山田聖也の左前打、井坂翼の左越え二塁打など打線がつながり2点を先制した。投げては廣川竜太郎が奪三振11、被安打1の熱投でリードを守り切り、完封勝利を飾った。

 南越は最終回の七回、先頭の清水元登の安打をきっかけに2死三塁の好機をつくったが、あと1本が出なか...    
<記事全文を読む>