イオングループ傘下のイオンリテール(千葉市)は24日、阪神甲子園球場近くのイオン甲子園店(兵庫県西宮市)について、6月以降も当面は食品売り場の営業を続けることを明らかにした。改装に伴う5月末の一時閉館が検討されたが、同社は飲食物などを購入する観戦客らに配慮。同店の利用客や野球ファンからは安堵(あんど)の声が上がった。(井上太郎、綱嶋葉名) イオンリテールは、同店(地上6階・地下2階)のうち、地下2階の食品売り場の営業を来月1日以降も続ける。継続期間は未定。化粧品や衣料品などを扱う地下1階-地上3階は5月末で営業を終了。上層階にある駐車場のうち、4、5階の営業を続ける。
<記事全文を読む>