ルーキーイヤーの幸先の良い船出となった。5月20~22日に仙台市民球場であった都市対抗野球1次予選宮城県大会。日本製紙石巻(石巻市)の浅沼佑亮(22)は決勝までの全3試合に出場して10打数7安打と活躍し、チームの4年連続5度目の優勝に貢献した。打率7割で首位打者賞も獲得し、「自分のスイングができた」と笑顔を見せた。

 山形市出身。東北福祉大では勝負強い左の強打者として活躍し、昨年の仙台六大学春季リーグで首位打者を獲得。常にフルスイングを心掛ける積極的な打撃を日本製紙石巻の前田直樹監督(38)に評価され、卒業後の進路に選んだ。

 ステージが変わってもフルスイングを貫く。「社会人レベルの厳しい...    
<記事全文を読む>