都市対抗野球1次予選宮城県大会は最終日の22日、仙台市宮城野区の仙台市民球場で第1、第2代表決定戦(決勝)と第3代表決定戦があり、決勝は日本製紙石巻がJR東日本東北を5-1で破り、4年連続5度目の優勝を果たした。

 日本製紙石巻は塚本が5安打1失点の安定した内容で完投。打線も二回までに5点を先取するなど12安打を放って強力に援護した。

 両チームと第3代表決定戦で勝った七十七銀行は、6月3日から秋田市のこまちスタジアムなどで開かれる2次予選東北大会に出場する。▽決勝日本製紙石巻   410000000=5   000000001=1JR東日本東北(勝)塚本(敗)内山<初回5連打で4点> 【...    
<記事全文を読む>