第88回都市対抗野球大会東海2次予選は第2日は21日、岡崎市民で第1代表決定ゾーンの1回戦3試合を行った。西濃運輸(大垣市)は岐阜硬式野球倶楽部(安八町)を12―0の七回コールドで下し、2回戦に進んだ。

 西濃運輸は一回に相手投手の制球難に乗じて、四つの押し出し四死球で4点を先取。三回にも城憲輝(岐経大出)、浅岡弘之の適時打などで5点を奪って勝負を決めた。岐阜硬式野球倶楽部は投手陣が崩れ、打線も2安打に抑えられた。

 西濃運輸は第4日の23日、第3試合(午後3時30分開始予定)の同ゾーン2回戦でホンダ鈴鹿(鈴鹿市)と対戦。岐阜硬式野球倶楽部は第5日の24日、第1試合(午前9時30分開始)の...    
<記事全文を読む>