関西六大学リーグ最終節第2日は21日、大津市皇子山で2回戦2試合が行われ、大商大が6-2で京産大に連勝して勝ち点4とし、2季連続15度目(旧リーグを含む)の優勝を決めた。前日まで勝ち点3で大商大などと並んでいた神院大は、龍谷大に1-2で負けた時点で優勝が消滅した。22日の3回戦で勝ち点を挙げても勝率で大商大を上回らない。

 大商大は1点を追う三回に太田の2点三塁打で逆転。六回に3点を加えて突き放した。先発の大西は2失点で完投した。

...    
<記事全文を読む>