社会人野球の第88回都市対抗大会1次予選県大会最終日は21日、盛岡市の県営球場で決勝が行われ、トヨタ自動車東日本がJR盛岡を3-0で下し、5連覇を果たした。

 トヨタ自動車東日本は二回2死二塁で大沢永貴が中前打を放ち、1点を先制。八回には後藤洋祐、小野勝司の2者連続本塁打でダメ押しの2点を加えた。主戦阿世知暢はJR盛岡打線を散発4安打に抑え、無四球完封した。

 JR盛岡は打線がつながらず、二塁を踏めずじまい。好投の前川尊之を援護できなかった。

 最高殊勲選手賞は阿世知、敢闘賞は前川が受賞。首位打者賞は12打数8安打(打率6割6分7厘)の高橋敦(JR盛岡)が選ばれた。

 トヨタ自動車東日本は本県...    
<記事全文を読む>