身体障害者野球の甲子園といわれる「第25回全国身体障害者野球大会」が20日、神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で開幕した。各地から選抜された16チームがトーナメントで争う。この日は1回戦8試合があり、前回の王者で17度目の頂点を目指す神戸コスモス(神戸市垂水区)が8強入りを決めた。

 開会式ではコスモスの中小路昇大選手(18)=明石市=が選手宣誓をした。コスモスは京都ビアーフレンズと対戦し、4回に2者連続本塁打が飛び出すなど打線が爆発。10-1でコールド勝ちした。龍野アルカディア(たつの市)は新潟シリアスに0-9で敗れた。

 21日は準々決勝、準決勝、決勝がある。(田中靖浩)
<記事全文を読む>