大学野球の東海地区春季学生岐阜リーグ(岐阜新聞・ぎふチャン後援)最終週第2日は15日、長良川球場で2回戦2試合を行い、岐経大が5-4で朝日大に逆転勝ちし、3季ぶり3度目の優勝を遂げた。中部院大は4-2で中京院大を下し、勝ち点を3にし、3位を決めた。全日程を終了し、最優秀選手賞にはトップタイの4勝を挙げ、抑えでも活躍した岐経大のエースで主将の与座海人が輝いた。

 岐経大は0-3で迎えた五回、宇須凌介の中前適時打などで2点を返し、なおも2死満塁で山下海星が走者一掃の逆転二塁打を放ち、一挙5点を挙げ、逆転に成功。継投でリードを守り、逃げ切った。朝日大は好機をつくりながらも、二度の走塁ミスが響き...    
<記事全文を読む>