第88回都市対抗野球北海道地区予選大会(26日開幕、栗山町民球場ほか)に出場する伊達聖ヶ丘病院硬式野球部(森岡亮二監督)の激励会が11日夜、伊達市山下町のステーションホテルSANGAであった。約120人のファンが見守る中、ナインが必勝を誓った。

 激励会は同野球部後援会(寿浅弘幸会長)が主催。森岡監督を先頭にナインが会場に入ると、大きな拍手が包んだ。寿浅会長は「出るからには勝ってほしい」と激励。森岡監督は「一試合一試合、勝ちにこだわりたい」と抱負を述べた。

 来賓を代表し中山智康道議が選手を激励。辻木勝夫・室蘭民報社代表取締役専務西部支社長の発声で祝宴に入った。ナインは都市対抗の本大会出場...    
<記事全文を読む>