日本女子ソフトボール一部リーグ岐阜いび川大会(日本ソフトボール協会主催、中日新聞社など後援)が、十三、十四日に揖斐川町上南方の揖斐川健康広場ビッグランドで開かれる。

 一部リーグの町内開催は三年ぶり。初日は、昨年三位の日立サンディーバ(横浜市)と伊予銀行VERTZ(松山市)、昨年二位の太陽誘電ソルフィーユ(群馬県高崎市)と多治見西高出身の小沢佳那子選手が所属する戸田中央総合病院Medics(埼玉県戸田市)がそれぞれ対戦。最終日は伊予銀行と戸田中央病院、太陽誘電と日立戦の後、小学生から高校生を対象にしたクリニック(先着二百人)が行われる。

 入場券は前売りが一般千円、中高生六百円で、揖斐川健...    
<記事全文を読む>