(第2週・ダイムスタジアム伊勢) 三重学生野球リーグの春季リーグ戦(伊勢新聞社後援)は6日、三重大―皇學館大、鈴鹿大―四日市大の各2回戦があり、皇學館大、鈴鹿大が勝って1勝1敗のタイに持ち込み、13日に霞ケ浦球場で3回戦が開かれることになった。

 自力優勝に向け、勝ち点を落とせない鈴鹿大は、四日市大に4―3で逆転勝ちし3回戦に持ち込んだ。自力優勝の可能性を失っている皇學館大も三重大を9―0の八回コールドで退け、他力頼みながら、逆転優勝に望みをつないだ。

 7日以降の試合予定は次の通り。【7日】三重大―鈴鹿大3回戦(10時・ダイムスタジアム伊勢)【13日】皇學館大―三重大3回戦(10時・霞ケ...    
<記事全文を読む>