大学野球の東海地区春季岐阜学生リーグ(岐阜新聞・ぎふチャン後援)第6週第1日は6日、中津川夜明け前で1回戦2試合を行い、岐経大が5―1で中京院大を下し、V争いに向けて前進。岐聖大は岐阜大に延長十一回、4―3でサヨナラ勝ちした。

 岐経大は五回、山内来輝(大垣商高出)の右前打で先制。六回には山田拓海(岐阜城北高出)の2点三塁打などで4点を挙げ、突き放した。エース与座海人は7安打されながら要所を締め、3勝目。中京院大は八、九回の満塁機を逸し、追い上げられなかった。

 岐聖大は、三回に柴山貴斗の適時二塁打などで2点を先取。五回にも柴山の適時三塁打で加点したが、追い付かれ延長に突入。十一回1死一、...    
<記事全文を読む>