北東北大学野球春季リーグ1部は6日、八戸市東球場で3試合が行われ、開幕4連勝同士の一戦は富士大が延長十一回タイブレークの末、6-2でノースアジア大(秋田)を下し、5連勝で単独首位に立った。

 富士大の加藤弦(4年、沖縄・八重山商工)、ノースアジア大の左腕木場涼佑(4年、金足農)の投げ合いで延長十一回1死満塁からのタイブレークに突入。

 富士大は三浦智聡(4年、盛岡大付)の右前打で2点、佐藤龍世(3年、北海道・北海)の3ランでこの回5点を奪い、勝負を決めた。加藤は11回を被安打3、11奪三振で完投した。

 岩手大は青森大に1-4で敗れ、5連敗。2点を追う七回2死三塁から沖田真伍(3年、青森・三...    
<記事全文を読む>