札幌六大学野球春季リーグ第1節最終日は6日、札幌円山で3試合を行い、東海大札幌は大河内(東海大四)の2本塁打、5打点などで7点を挙げ、星槎道都大を下した。北大は先発浅野(札旭丘)が完投で札大を退け、北海学園大は北翔大に逆転勝ちした。

...    
<記事全文を読む>