三重学生野球リーグの春季リーグ戦(伊勢新聞社後援)は4日、四日市大―鈴鹿大、皇學館大―三重大の各1回戦があり、四日市大、三重大が先勝した。四日市大は6―0で鈴鹿大を退け、先発の西本匡慶(4年・愛産大工)が鈴鹿大打線を5安打完封した。三重大は皇學館大を2―1で退け、先発の中井拓磨(4年・津)が三重大打線を1安打1得点に抑えて完投した。

...    
<記事全文を読む>