道六大学野球春季リーグは30日、とましんスタジアムで開幕し、3試合を行った。昨春覇者の東農大網走は、宮本(熊本・鎮西)が完投し、函大を2―1で下した。旭大は4―0で旭教大に快勝し、2季連続優勝に向けて好スタートを切った。苫駒大は函教大に2―1でサヨナラ勝ちを収めた。

...    
<記事全文を読む>