BCリーグの信濃グランセローズは29日、長野市の長野オリンピックスタジアムで楽天ファームと交流戦を行い、9―4で勝った。リーグの公式戦には含まれない。

 信濃は2点を追う七回、1死三塁から西田の適時二塁打で1点を返した。さらに1死満塁とすると、代打中川の左前2点適時打で逆転。八回には西田、ライの長打などでさらにリードを広げた。

 信濃は30日、同スタジアムで午後6時から再び楽天ファームと交流戦を行う。

...    
<記事全文を読む>