プロ野球・ルートインBCリーグの富山GRNサンダーバーズ(西地区首位)は26日、高岡市の高岡西部総合公園野球場で、巨人3軍に2-5で逆転負けした。通算成績は16勝9敗で順位は変わらない。今季最多1716人が来場した。

 富山は先発の米山が2点リードの三回、4安打を浴びて3点を失い逆転を許した。四、七回には失策や暴投などが絡み、1点ずつ奪われた。

 打線は一回、ペゲロの先頭打者本塁打、長江の適時二塁打で2点を先制したものの、三回以降は4人の投手の前に、散発3安打に抑えられた。

 高岡商工会議所の冠試合。試合に先立ち、川村人志会頭が始球式を行った。打席に巨人3軍の川相昌弘監督が立ち、捕手は富山の...    
<記事全文を読む>