野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの東地区で首位の群馬ダイヤモンドペガサスは22日、群馬県高崎城南球場で石川と対戦し、18安打と打線が爆発して15-7で逆転勝利を収めた。連敗を2でストップし、前期優勝へのマジックを一つ減らして11とした。次戦は25日午後1時から、同球場で同地区2位タイの新潟と戦う。  群馬-石川1回戦(22日・群馬1勝、13時、高崎城南、238人) 石川ミリオンスターズ  050 000 002-7  000 464 01×-15 群馬ダイヤモンドペガサス ▽勝 荻野5試合2勝 ▽敗 多田野6試合3勝3敗 ▽本塁打 桑原3号(2)(石)

...    
<記事全文を読む>