ルートインBCリーグは21日、長岡市悠久山球場で新潟アルビレックスBC-楽天2軍を行い、新潟は3-8で連敗した。通算成績は11勝11敗1分けで、東地区2位タイとなった。

 新潟は3本塁打などで8点の大量リードを奪われ、反撃が苦しくなった。

 先発中西は中盤に7連続三振を奪うなど見せ場はつくるも、2本塁打を含む被安打5。七回途中から救援した前川哲はオコエに満塁弾を献上した。

 打線は五回まで無安打に封じられ、六回以降で7安打。七回に樋口の適時打で1点を返し、八回は2死一、二塁からガーナーと稲葉の連打で2点を奪うにとどまった。

 新潟の次戦は25日、敵地で群馬と戦う。

...    
<記事全文を読む>