野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は19日、県営球場で新潟と対戦、3-4で敗れた。今季最多の8連敗で通算成績は4勝15敗。

 栃木GBは五回2死一、二塁から野崎新矢(のざきしんや)の右前打で先制したが、先発の前田大佳(まえだまさよし)が六回、2点本塁打を浴びて逆転を許した。

 3点を追う最終回は2死から、野崎の適時打と敵失で1点差に詰め寄る粘りも見せたが、さらに満塁の好機で4番八木健史(やぎたけし)が見逃し三振に倒れた。新潟の7安打を上回る計13安打を放ったが、好機を生かし切れなかった。

 栃木GBの次戦は20日午後1時から、小山運動公園野球場で福島と対戦...    
<記事全文を読む>