野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は12日、滋賀県東近江市の湖東スタジアムで滋賀と対戦し、2-14で大敗した。7連敗で通算成績は4勝14敗。

 栃木GBは投手陣が計16安打を浴びた。先発の前田大佳(まえだまさよし)が2回6失点で降板すると、2番手の鈴木康平(すずきこうへい)も六回に大量6失点を喫した。打線もつながらず、9安打で2得点に終わった。

 栃木GBは19日午後2時から、県営球場で新潟と対戦する。

...    
<記事全文を読む>