プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグは12日、各地で4試合を行った。西地区3位の信濃グランセローズは長野市の長野県営球場で同首位の富山サンダーバーズと対戦し、1―12で大敗した。信濃は2連敗で、通算8勝9敗。今季初の借金となった。順位は3位で変わらない。

 信濃は一回、先発佐々木が3連打を浴びて無死満塁のピンチを招くと、犠飛と二塁打で4点を奪われた。三回には3点本塁打を浴びるなど、佐々木は計8失点して降板した。八回には3番手の寺本が失策も絡んで4失点。打線は6安打に終わり、五回に1点を返すにとどまった。

 信濃は13日、富山県高岡市の城光寺野球場で再び富山と対戦する。信濃の予告先発は樫...    
<記事全文を読む>