プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグは10日、各地で4試合を行った。西地区2位の信濃グランセローズは川崎市のジャイアンツ球場で巨人3軍と対戦し、5―8で敗れた。信濃は通算8勝8敗。順位は2位で変わらないが、首位の富山サンダーバーズとの差は1・5に広がった。

 信濃は2点を追う二回、1死満塁から永冨が四球を選び、続く西田の内野ゴロの間に同点に追い付いた。だが、直後に先発バンバンが2点を失い降板。七回、先頭の西田の左越え本塁打で1点差に迫ったが、直後に3番手のモンテーロが2点を奪われた。八、九回に1点ずつ返したが、及ばなかった。

 信濃の次戦は12日。長野市の長野県営球場で富山と対戦する。...    
<記事全文を読む>