野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは10日、埼玉・上尾市民球場で武蔵と対戦し、3―3で引き分けた。通算成績は11勝3敗3分けで東地区首位を守った。次戦は13日午後1時から、滋賀県立彦根総合運動場で滋賀と対戦する。  武蔵-群馬4回戦(10日・群馬2勝1敗1分け、18時、上尾市民、113人) 群馬ダイヤモンドペガサス  000 002 100 0-3  020 000 100 0-3 武蔵ヒートベアーズ (延長十回規定により引き分け)

...    
<記事全文を読む>