野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は10日、小山運動公園野球場で福島と対戦し、3-4で敗れた。5連敗で通算成績は4勝12敗。

 栃木GBは福島の先発左腕の前に八回まで4安打無得点と沈黙。4点を追う九回、1死一、二塁から4番・八木健史(やぎたけし)の本塁打で1点差まで迫ったが、反撃もそこまでだった。

 先発のホーキンは変化球を軸に6回被安打4、2失点と粘りの投球。七回は小林佑輔(こばやしゆうすけ)、八回は中村恵吾(なかむらけいご)が無失点で切り抜けたが、9回に4番手で登板した橋詰循(はしづめじゅん)が2本の適時打を浴びて2失点した。

 栃木GBは11日午後6...    
<記事全文を読む>