ルートインBCリーグ(5日)石川ミリオンスターズは金沢市民野球場で福井ミラクルエレファンツと対戦、3-3で引き分けた。四回、「5番・一塁」で先発した小林恵大の初タイムリーなどで追いついたが、中盤以降は打線がつながらなかった。

 延長十回は1死から青木が死球で出塁、スタンドからはサヨナラ勝ちを期待する声援が飛んだものの、代打のケビンが一邪飛、アセンシオ空振り三振で試合終了し、2連勝はならなかった。

 小林は前日のユナイテッド滋賀BC戦で初出場初安打を放ち、2戦目はタイムリーと幸先いいスタートを切った。この日は、遊学館高の恩師である山本雅弘監督が観戦。小林は「試合途中に(観戦を)知った。一本打...    
<記事全文を読む>