東北楽天は30日から、セ・リーグ6球団と各3試合、計18試合の交流戦を戦う。昨年は11勝7敗の4位と勝ち越した。今年も好成績を収め、現在パ・リーグ首位の勢いを持続したい。

 29日は仙台市のコボパ宮城で先発投手陣の練習があった。31日の巨人戦で今季初先発が見込まれる塩見がマウンドで投球練習をしたほか、指名打者制を採用しないセ・リーグの本拠地の試合に備え、則本、岸らがバントなど打撃練習に取り組んだ。

 交流戦の日程は、ホームの巨人戦(5月30日~6月1日・コボパ)を皮切りに、中日(2~4日・ナゴヤド)、DeNA(6日・荘日ス、7、8日・コボパ)、広島(9~11日・コボパ)、ヤクルト(13~1...    
<記事全文を読む>