東北楽天が猛打で圧勝した。貯金を今季最多の18とし、ソフトバンクとともに両リーグ一番乗りとなる30勝目を挙げた。一回にペゲーロの11号ソロで先制すると、二回に茂木の10号2ランなどで4得点、三回にも4適時打で5点。五回にも2点を追加して畳み掛けた。先発岸は大量援護を受け、7回3安打2失点で4勝目を挙げた。西武は今季初先発の誠が三回途中で早々とKOされた。

 東北楽天-西武9回戦(東北楽天5勝4敗、13時、Koboパーク宮城、27,314人)西  武000110000=2東北楽天14502001×=13(勝)岸7試合4勝1敗(敗)誠1試合1敗(本)ペゲーロ11号(1)(誠)=1回、茂木10...    
<記事全文を読む>