東北楽天の今江が開幕戦以来の猛打賞を記録した。「今の僕にはヒット1本打てること自体がうれしい」と喜びをかみしめた。

 四回に佐野からチーム初安打となる左前打を放ち、この回、大量6点を挙げる口火を切った。続く五、七回の打席はいずれも右前打。「右方向にいい打球が行き、スイングの形も悪くない」と手応えを語った。

 開幕当初は好調だったがけがで一時離脱し、最近は調子を落とし気味だった。梨田監督は「少し眠っていたが、3本出たことはチームにも本人にも大きい」と実力者の復調を喜んだ。

...    
<記事全文を読む>