東北楽天の美馬が6回1失点で5勝目を挙げた。「調子は良くなかったが、何とか粘れたのは成長したところ」とうなずいた。

 二回に中村に対して「完全に失投」と言う直球が真ん中に入り、先制ソロを許したが、ここから踏ん張った。三回2死二、三塁で浅村を迎えた場面は、「外の球が効いていたので」としつこく外角を攻め、空振り三振で切り抜けた。

 前回20日のロッテ戦は9回無失点ながら援護がなく勝ち負けが付かなかった。今日は打線が四回に一挙6得点と爆発した。「ああいう試合を抑えたから、今日のような援護をもらえた。次は調整してもっと長いイニングを投げたい」とさらなる貢献を誓った。

...    
<記事全文を読む>