埼玉西武ライオンズなど県内の野球・ソフトボール計四チームによる、競技普及の連携事業「PLAY-BALL!埼玉」の第一弾として、親子のキャッチボールイベントが六月十八日午前十時~正午、和光樹林公園(和光市広沢)で行われる。参加者の募集も始まった。

 同事業は、中学生以下の子どもたちの野球・ソフトボール競技人口の減少が懸念されている中、プレーしたり観戦したりする楽しさを知ってもらうための長期的な取り組み。四月に発足した。

 皮切りとなるキャッチボールイベントには、ライオンズの他、女子プロ野球「埼玉アストライア」、女子ソフトボール「戸田中央総合病院メディックス」、プロ野球独立リーグ「武蔵ヒートベ...    
<記事全文を読む>