東北楽天の抑え、松井裕は九回を無失点で終え、17セーブ目を挙げた。則本が記録を到達した試合を白星で飾れるかどうかというマウンドだったが、「重圧は全然感じなかった」と平常心で投げ抜いた。

 先頭の4番T-岡田を直球で右飛、5番小谷野も直球で三ゴロに仕留める快調な滑り出し。続くモレルには四球を出したが、武田を変化球できっちり二飛に打ち取った。

 試合を締めてベンチに戻ると、則本に声を掛けられた。「『(四球を出さずに)しっかり投げてこいよ』と突っ込みを入れられてしまった」。仲の良い2人ならではやりとりで、勝利の味をかみしめた。

...    
<記事全文を読む>