プロ野球東北楽天のホームゲーム開催時に、Koboパーク宮城(コボパ宮城、仙台市宮城野区)で販売される「イーグルスコーヒー」が好評だ。宮城、山形、福島各県のカフェや喫茶店など12店が交代で出店。各店の自家焙煎(ばいせん)豆をその場でひいて丁寧に入れた本格的な味わいが楽しめる。

 12店は、東北のコーヒーシーンを盛り上げようと活動するグループ「コーヒーフェローズ」のメンバー。球団から打診を受け、今季からバックネット裏3階コンコースに1店か数店合同の持ち回りで店を出している。

 看板商品「イーグルスコーヒー」はホット、アイスとも500円(税込み)。店ごとに、チームやスタジアムの雰囲気をイメージし...    
<記事全文を読む>