中日が接戦をものにした。同点の六回、右前打で出塁した京田が送りバントで二塁に進むと、暴投の間に本塁を陥れた。九回にビシエドの9号ソロ本塁打で加点した。先発鈴木は暴投と押し出し四球で2点を失ったが、6回を被安打4の粘投。救援陣の好投に助けられ2勝目を挙げた。

 鈴木翔太が苦しみながらも自己最長の6回2失点。2勝目を手にした。

 最大のピンチは同点の五回。先頭桑原に内野安打で出塁を許したが、相手がエンドランを仕掛けてきた場面で、梶谷の打球は右翼線の深い飛球。捕球した平田が素早く一塁へワンバウンド送球すると、一塁走者が戻れず併殺になった。鈴木は「野手の皆さんに助けてもらった」と胸をなで下ろした。...    
<記事全文を読む>