プロ野球北海道日本ハムの新球場を核とするボールパーク構想で、新球場誘致を目指す札幌市と球団の2回目の実務者協議が24日、同市豊平区の球団事務所で行われた。球団は協議後、道内外のファンらの意見を踏まえた上で建設地を決定する考えを明らかにした。

 ファンへの意向調査は各候補地での実現可能な青写真ができた後に行う見通し。球団の三谷仁志・事業統轄本部副本部長は「ファンや道民の声を聞くことなく、これで決まったと言うことはない」と強調した。実施時期や調査方法は今のところ未定という。

...    
<記事全文を読む>