東北楽天の先発辛島が試合前に「相手はとてもいい投手。何とか1、2点で抑えたい」と描いた通り、7回2失点の好投を見せた。2日に投げ合って敗れた金子に雪辱を果たし、リーグトップに並ぶ5勝目をつかんだ。

 一、二回は打者3人で仕留める上々の出だしだったが、2-0で迎えた三回につかまった。単打2本などで1死一、三塁のピンチを招くと、川端に左中間への二塁打を喫して2失点。この回は「球が高く、真ん中に集まってしまった」と制球を乱した。

 だが、四回以降は修正。与田投手コーチから「内角を投げる時にストライクとボールの区別をはっきりさせたほうがいい」と助言を受けた。走者を背負っても的を絞らせない巧みな投球...    
<記事全文を読む>