群馬県で2年連続のパ・リーグ公式戦となった埼玉西武ライオンズ―北海道日本ハムファイターズ戦が23日、前橋市の上毛新聞敷島球場で行われた。ほぼ満員の1万6470人が大歓声を上げ、一球一打を楽しんだ。試合は息詰まる投手戦となり、西武が2―0で競り勝った。西武の先発野上亮磨は6回無失点の好投で4勝目。◎「早く球場で活躍する姿を」 光成が意気込み 19日に登録抹消となった投手の高橋光成(前橋育英高出身)は23日、1軍に帯同し、上毛新聞敷島球場で試合を見守った。試合前に報道陣の取材に応じ、「地元の子どもたちに投げる姿を見せられず、申し訳なかった。早く1軍に戻り、球場で活躍する姿を見せたい」と話し...    
<記事全文を読む>