今季の広島打線は、春先の「左腕アレルギー」を克服しつつある。44試合を終え、相手先発が左投手だと10勝6敗1分け。昨年同時期(9勝11敗)のような苦戦とは無縁だ。

...    
<記事全文を読む>